• 就職祝いは実用的なものがいい

    就職を高校や大学を卒業後にするという人にあげるのが「就職祝い」というプレゼントです。贈り物は社会人のスタートにふさわしいものが人気で、卒業のお祝いも兼ねているものです。
    印鑑、名刺入れ、ビジネスバック、ベルトなどがよく贈られるのは、先輩後輩関係にある人からや、知人からの就職祝いだといいます。人気があるのは、社会人になるとよく使うようになる物だそうです。他におすすめなのは万年筆やボールペン、手帳などでしょうか。
    女性への就職祝いには、化粧品やアクセサリーなども喜ばれます。就職祝いを親から子へ、伯父や伯母から甥や姪へ贈る場合には、スーツや背広をプレゼントすることもあります。これから就職をするために1人暮らしを開始する人に良いのは、生活用品や寝具だといいます。
    多くの場合、就職祝いは実用的なものが贈られるので、送る相手にこの際欲しいものを聞いてみるのも良い方法です。現金がいちばん実用的なものだといえるのではないでしょうか。これまで必要としなかったいろいろなものが、学生から社会人になったことで利用しなければならなくなることもあるでしょう。もらったことを励みにして、実際にはお金を使わずに大事に取っておいていたけれど仕事にまい進できたという話も聞きます。
    就職祝いは、形のあるものとは限りません。普段は行かないような高級な値段の高いレストランやホテルで、就職祝いをしてもらったという人もいます。社会人としてのスタートのお祝いが就職祝いですからぜひ相手に喜ばれるものを心からのお祝いと激励を込めて贈るようにしましょう。

    カテゴリー: 転職

    タグ: ,

    コメント欄は現在閉じています。