• 就職面接の時の質問と自己PRについて

    会社が新たに人を採用する時には面接が必須です。面接をせずに就職活動が終わることは、ないといっていいでしょう。会社の一員として採用するかどうか決める時には、面接官は必ず面接をして、どういう人物かを見ます。定番の面接では、面接担当者が、採用を希望する人に質問をして、相手に答えてもらい、その答えを吟味するものです。就職活動を成功させるためには、面接の準備が重要だと言われていますが、面接の準備とは一体どういうものでしょう。ぶっつけ本番で、準備なしで面接を受ける人も中にはいますが、予備知識や心構えくらいの準備は最低限しておきたいものです。面接時に注意すべき点として、インターネットや面接マニュアルそのままの答え方をできるだけしないようにしましょう。問題のない答え方は、相手の印象にも残らず、評価されずに終わってしまうということがあります。箸にも棒にもかからないような答えは意味がありません。自己PRにつなげられそうな答えを意識することが面接では重要です。面接では、自己PRをすることを念頭に置く必要があります。自分がどういった人物なのかを相手に見せることができるよう心がけることや、仕事に生かせるだろうことをアピールしたいものです。どんな長所を持っていて、会社ではどのような点で戦力になりえるかなどを伝えたいものです。自分にできることがはっきりしていない場合は、面接前に自分自身の今までしてきたことや、取り組んできたことを書き出して整理しておきましょう。

    カテゴリー: 転職

    コメント欄は現在閉じています。